ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 【InDesign】3行取り見出しがページ(またはフレーム)の先頭に来たとき、1行目のアキを自動的に削除したい

【InDesign】3行取り見出しがページ(またはフレーム)の先頭に来たとき、1行目のアキを自動的に削除したい

 著者:山崎亮一

山崎です。

2018年6月14日に、「スキルアップ勉強会」を半年ぶりに再開しました。

その時の最初のテーマが、「インデザインで、見出しの段落スタイル(例・3行取り中央)がページ(またはフレーム)の先頭に来た場合、 3行取りの1行目のアキが気になることがある。見出しの文字が版面に接するように自動化できないか」というものでした。

図1 3行取り見出し
図2 3行取り見出しがページ(またはフレーム)の先頭に来た場合
図3 ページ(またはフレーム)の先頭に来た場合、このように自動的に調整したい

山崎が思いついたのは、別に2行取りの段落スタイルを作っておき、3行取りの見出しがページ(またはフレーム)の先頭に来た場合、この2行取りの段落スタイル(「文字揃え」は「仮想ボディの上」にしておく)を適用する、というものでした。ところがこれでは、校正などで位置がずれた場合は、手動で段落スタイルを変更せねばなりません。

すると、会場参加者のAさんからアイデアが出され、見事に解決できました。

そのアイデアとは以下の手順で、行がずれた場合でも、自動的に望む結果が得られるのです。

みんなの知恵を集めると、知らなかった方法が見つかる、という貴重な経験をしました。

 

【解決方法】
1.「見出し」の段落スタイルの「基本文字形式」の「文字揃え」を「仮想ボディの上」にする。
2.「グリッド設定」の「グリッド揃え」を「仮想ボディの中央」に、行取りを「2」行にする。
3.「インデントとスペース」の「段落前のアキ」を「行送りの数字」(この例では「26H」)にする。
4.「段落分離禁止オプション」の「次の行数を保持」を「1」行とする。

※この例では、「本文」は16級 リューミンL、行送り26歯。「見出し」は24級 新ゴM。

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事