ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 【DTP情報】「インデザインCC-2014」で「ここまでインデント」のバグが修正された

【DTP情報】「インデザインCC-2014」で「ここまでインデント」のバグが修正された

 著者:山崎亮一

先日、インデザインが「CC-2014」にバージョンアップされました。

「CC」からの変更は、あまりたいしたことはない、と思っていたのですが、従来の「ここまでインデント」のバグが修正されたことがわかりました。

「インデザインの勉強部屋」のサイトに詳しく載っています。

 

従来の「インデザインCC」まででは、こんな不具合がありました。この画面を見てください。

項目が2行以上になる「1項」「「5項」「6項」で、赤線の位置に「ここまでインデント」を設定しても、何故か2行目以後のアタマは青線の位置に来てしまうのです。

長らくこのバグへの対応策がみつからず、「ま、いいか」としてきたのですが、「CC-2014」でやっと正常になりました。

 

「CC-2014」では、赤線の位置に「ここまでインデント」を設定すると、この画面になります。

 

せせらぎ出版では、「ここまでインデント」を使う頻度はかなり高いので、今後、「CC-2014」を標準使用しようと思います。

 

なお、「CC」までで、このバグが起こるのは、「ここまでインデント」を設定する直前の文字が句読点、中黒や全角のピリオド、欧文スペース等の場合です。

—————————–

【補足】

正確にいうと、「CC-2014」がリリースされる数日前に、「CC」用のアップデーターが公開されたそうです。

それで試しに、「CC」を最新にアップデート(ver.9.2.2)してみると、上記バグは修正されていました。

しかし、CS6以前の版は、最新版にアップデートしても、この修正は含まれていません。

 

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事