ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 【DTP情報】画像を(擬似的に)高解像度にする

【DTP情報】画像を(擬似的に)高解像度にする

 著者:山崎亮一

最近、出版ネッツのML上で、「画像の解像度が不足している場合、解像度を上げることはできないか」というテーマのやりとりがありました。

いくつかのレスの中で、Nさんが「スミラ・エンラージャー」というフリーソフトを使っている、との情報を書いてくれていました。

もちろん擬似的に高解像度にするのですが、なかなかよくできているな、と思っていました。

 

昨日、S氏とそのことを話していると、「Photoshop CCで、その機能が標準装備された」と教えてくれました。

それは初めて知ったことだったので、いろいろ調べたり試したりしてみました。

なるほど、ネットで調べてみると、参考になるサイトがたくさんありました。それを読んでもらえばわかるのですが、一応手順を書いておきます。

「イメージ」→「画像解像度」で、「再サンプル」にチェックをいれ、拡大したい寸法を指定します。その時、「再サンプル」の右の窓から「ディテールを保持」を選び、その下の「ノイズを軽減」の%を指定します(僕は100%にしました)

この「再サンプル」の右の窓は、CS6までは「ハイキュービック法」「バイリニア法」「ニアレストネイバー法」しか選択できなかったが、「ディテールを保持」「自動」が加わったために、解像度を擬似的に上げることができるようになったようです。

 

そこで、さっそく試してみました。

ネットから拾ってきた高島礼子さんのカラー写真を、「再サンプル」にチェックを入れずに350ppiにすると、幅15mm、高さ13mmしかありません。よくあるケースですね。

 

この写真をパソコンのモニター一杯に表示して、画面キャプチャーをとったものが、Color_Capture_A.jpg

これを、photoshop CCで、「画像解像度」のメニューから「ディテールを保持」を選び、その下の窓で「ノイズを軽減100%」とし、画像サイズを10倍にし、パソコンのモニター一杯に表示して、画面キャプチャーをとったものが、Color_Capture_B.jpg

 

上記写真をモノクロにし、パソコンのモニター一杯に表示して、画面キャプチャーをとったものが、Mono_Capture_A.jpg

これを、photoshop CCで、「画像解像度」のメニューから「ディテールを保持」を選び、その下の窓で「ノイズを軽減100%」とし、画像サイズを10倍にし、パソコンのモニター一杯に表示して、画面キャプチャーをとったものが、Mono_Capture_B.jpg

 

です。

「なんじゃ、こりゃ!」というくらい、変化が大きいでしょ。(もちろん、10倍拡大という極端なケースで試しているからでもあるのですが)

 

よければお試しください。

僕は、これは今進行中の仕事に即、導入しようと思っています。

 

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

 

 

 

 

 

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事