ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 【InDesign】1つの段落スタイルに複数の文字スタイルを適用させたい

【InDesign】1つの段落スタイルに複数の文字スタイルを適用させたい

 著者:山崎亮一

以前からやりたかったことなのですが、見出しの段落スタイルに複数の文字スタ
イルをセットできたらいいのに、と思っていました。
つまりこのような見出しを1本の段落スタイルでやりたい、ということです。

それが、最近、意外と簡単にできてしまったので、僕自身のためのメモとして、
ここに手順を記録しておきます。(そんなこと知ってるよ、という人は無視して
ください)
(この内容は、「編集スキルアップ勉強会」のMLに投稿したものを少し補足したものです)

**************************
一例として、「第1章 あいうえおあいうえお―サブタイトル」の「第1章」の
第一部分、「 あああああああおおお」の第二部分、「―サブタイトル」の第三
部分にそれぞれ別の級数、別のフォントを指定したいとします。
(ある章では、サブタイトルがないこともあり得る、とします)

●手順1
準備として、3つの文字スタイルを作っておきます。(「gamen01.jpg」)
「章、第一部分」……18Q リューミンM
「章、第二部分」……20Q 新ゴM
「章、第三部分」……15Q じゅん101
↑↑文字スタイル名

●手順2
次に段落スタイル「章タイトル」を作り、「グリッド設定」を「仮想ボディの中
央」「行取り 4」などとし

●手順3
その「正規表現スタイル」で、「gamen02.jpg」のように設定します。
くどい説明になりますが、
「第\d章」とは「第(数字)章」のこと。この部分に
文字スタイル「章、第一部分」をあてる。
「 .+」とは「全角スペースとそのあとに続く1つ以上の文字」。この部分に
文字スタイル「章、第二部分」をあてる。
「―.+」とは「―とそのあとに続く1つ以上の文字」この部分に文字スタイル
「章、第三部分」をあてる。
※第二部分と、第三部分で「1つ以上の文字」がダブるように思うが、正規表現
の後ろの順序の方が優先すると思われるので、望む結果がえられるのかな?

●手順4
望むタイトル部分に、段落スタイル「章タイトル」をあてる。

***** 補足 ********************

前記の方法では、欠点があります。

大石十三夫さんのアドバイスで、次の改善をしました。
文字スタイルを変更したい区切りの目印を「 」(全角スペース)と「―」(―)にしているのですが、「 」は区切り目印にはするが、「章、第二部分」の文字スタイルにはしたくない、という場合にはうまくいきません。
そこで、
肯定後読み (?<=)
肯定先読み (?=)
否定後読み (?<!)
否定先読み (?!)
などを使うと、「検索の目印にはしても置換はしない」ことが可能になります。
その詳細はネットで検索してください。ここでは省略しますが、前記の「手順3」の「正規表現スタイル」を「画面03.jpg」のように設定すると、「 」は「章、第二部分」の検索の目印にはしても文字スタイル「章、第二部分」は適用されず、文字スタイル「章、第一部分」が適用されたままになります。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事