ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 中国簡体字の入力ができたぞ

中国簡体字の入力ができたぞ

 著者:山崎亮一

今、せせらぎ出版で編集中の本で、中国の人名がたくさん出てくるものがある。当然、その中には日本語の漢字にはない簡体字がたくさんある。それを InDesignでどのように入力すればいいか、今日までわからなかった。それが今日わかったので、うれしがって報告してみる。

この本の著者は原稿をワードで打ってきた。そのワードでは簡体字が画面でも読めるし、印刷してもプリントできる。ところがこれをテキストファイルにするとJISコードを持っていないので「?」となり、当然InDesignに流しても「?」という表示にしかならない。
例えば、日本語の漢字で「聶」(読み=じょう・ささやく。S-JISコード=E3E1 ユニコード=08076)というのがある。これの中国簡体字は、 上半分は「耳」で、下半分の「耳耳」の代わりに「双」におきかえたものになる(後からわかったのだが、S-JISコードはないが、ユニコードは 08042)。
これが著者のワードにはちゃんと簡体字が入っている。それをInDesignで表現できないなんて、悔しいではないか。
もちろん別の方法で作字をしてしまう(グリフレットの作字登録機能を使う)ことは可能だが、それは根本解決ではない。

そこで、アドビのサポートに聞いたり、自分で調べて、大体次のことがわかった。

●著者のワードデータは、MS明朝だが、簡体字の部分は「SimSun」という名前のTrue Typeフォントになっている。これがせせらぎ出版のパソコン(Windows)にも入っていたので読めた。
このフォントは後から入れた覚えはないので、Windowsにはじめからバンドルされていたものではないだろうか。

●InDesignで簡体字を表現するには、この「SimSun」を使ってもいいが、OpenTypeフォントの方が便利なので、「Adobe Song Std」というOpenTypeフォントを使った方がいい。これはInDesignにバンドルされているので、InDesignをインストールすると使え るようになっている。

●手順としては、次のようにする。
1.ワードからテキストファイルに変換して配置する方法はとらない。InDesignの「配置」メニューで、ワードファイルを指定し、 「Microsoft Word 配置オプション」で「テキストと表のスタイルおよびフォーマットを保持」にチェックをつけて配置する。すると簡体字の部分だけピンク色になるので、その部 分のフォントを「Adobe Song Std」にしてやると、簡体字になる。

というのが基本的な流れである。

参考までに、次の2点も覚えておくといい。

◎今後も、その簡体字を使う可能性があるなら、「字形」パレットで、「新規字形セット」(「中国簡体字」などという名前にしておくといい)を作成し、どんどん追加登録しておくと、簡単にクリック一発で簡体字が入力できる。

◎上記のように、「フォーマットを保持」してワードを配置すると、InDesignの本文書体をリューミンにしているのに、勝手にMS明朝になってしまったり、望んでいないワードのフォーマットをひきずってしまうので要注意。

なお、これと同様に韓国語独特の書体も対処できそう。そのためには、「Adobe Ming Std」を、ハングル文字入力には「Adobe Myungio Std」(いずれも Open Type フォント)を使えばいいのではないか、と思うのだが、まだ確認はできていない。
そのテストに成功すれば、またお知らせしたい。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事