ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 拡張子docxてなんやねん

拡張子docxてなんやねん

 著者:山崎亮一

最近、著者から送られてきた原稿の中に「○○○○.docx」というように拡張子が「docx」というものがありました。ダブルクリックしても開きません。
困ったなあ、ワードのデータ臭いけどなぁ。一体これはなんやねん。著者につきかえして、テキストファイルにしてから送り返してもらおうか、と悩みました。
みなさん、そんな悩み経験してませんか?

インターネットなどで調べてやっとわかりました。
Microsofito Office 2007のファイルは、保存形式が従来のものと変わって、ワードは拡張子が「docx」、エクセルは「xlsx」、パワーポイントは「pptx」となったらしいのです。
これらのファイルは従来のOffice 2003以前のバージョンでは開きません。
おいおい、マイクロソフトはん、ええかげんにしてくれよ。
と思いました。でも調べてみると、さすがのマイクロソフトも少しは気がひけたのか、「Word/Exel/PowerPoint 2007 互換機能パック」なるものを無償配布していることがわかりました。

http://office.microsoft.com/search/redir.aspx?AssetID=DC10205246104

にアクセスして「File Format Converters.exe」をダウンロードしインストールすれば、例えばWord2003からでも拡張子「docx」ファイルが開けることがわかりました。
とりあえずは、ヤレヤレ。

でも、そんなこと、知らなかったら焦りますよね。
マイクロソフトは、ユーザー登録している正規ユーザーにはそんなことぐらいアナウンスすべきではないかえ。

これらはすべてWindowsの世界の話なんだけど、Mac Word の世界ではどうなってんだべや。だれか、教えてください。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事