ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > InDesign CS5 から電子ブックを作る

InDesign CS5 から電子ブックを作る

 著者:山崎亮一

今、iPadの発売を機に、電子ブックの話題が沸騰していますね。
僕の周辺でも、「InDesign勉強会」「出版ネッツいちもくセミナー」「勁版会」などの勉強会のテーマが“電子ブック”一色になっています。

6月の「InDesign勉強会」では、MさんにiPadを実演してもらい、大いにもりあがりました。
その時に、僕は「InDesignから作る電子ブック、3つの形態」を簡単に話しました。
InDesign CS5で言うと
1.PDFファイル
「ファイル」→「書き出し」…書き出しオプション=Adobe PDF(プリント)
2.SWFファイル
「ファイル」→「書き出し」…書き出しオプション=Flash Player(SWF)
3.EPUBファイル
「ファイル」→「書き出し先」→「EPUB」

このうち、1、2、は「レイアウト維持型」。3はiPadなどで話題の「リフロー型」です。
期待してそれぞれを試してみましたが、現段階では、2、3は不完全な部分が多く、試作品の域を出ないように思いました。

SWFファイルは、他の電子ブックのようにパラパラ頁めくり機能があり、目次もInDesignの目次と連動している、インターネットへのハイパーリンクも貼れる、など、「おっ」と思わせる部分もありました。でも2大欠点がありました。
1つ目は、Flashを使っているので、iPadやiPhoneには対応しない点です。
2つ目は、なんと「検索」機能がないのです。Adobeサポートに聞いても最初「検索できますよ」と言っていたのに最後は「やはり検索できませんね。今後の検討課題にさせてください」。これはがっかり。これでは、今は使えません。

で、その勉強会のあと、調べると、次々に一喜一憂の事実がわかってきました。

●わかったこと…その1(喜)
書き出しオプションの「Adobe PDF(インタラクティブ)」がかなり使えそうだとわかったこと。
まず、「頁めくりボタン」や「ハイパーリンク」が使える。
目次機能にあたる「しおり」が自動作成される。
これなら、SWFファイルよりよくできている部分があり、PDFなので、iPadやiPhoneでも開くことはできる。
それなら、せせらぎ出版の電子ブックはこの形式でいいではないか、とも思えてきました。

●わかったこと…その2(憂)
InDesign CS5で新規ドキュメントを作りフォントに「小塚明朝」を使い、EPUB書き出しをすると、なんとInDesignが強制終了してしまうのです。なんというバグ! 今、アドビに対策を調べてもらっているところです。アッチャー。ガックリ。

とにかく、今、電子書籍元年(?)は始まったばかり。あまりにも未解決な問題が多すぎますね。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事