ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > InDesignの「連数字処理」について

InDesignの「連数字処理」について

 著者:山崎亮一

先日、InDesign勉強会のメンバーから、次のような質問の電話がありました。
「縦組みで年号などの漢数字があると、その前後に不自然なアキスペースができる。漢数字が行をまたがないように自動調整するらしいのだが、普通のベタ組みにしたい場合、どうすればいいだろうか」という内容でした。

これは「連数字処理」がオンになっているためにおこることで、オフにすれば普通のベタ組みになります。具体的には、その「段落スタイル編集」→「日本語文字組版」と進み、その中にある「連数字処理」のチェックボックスをさわればいいのです。
同じことは、その段落にカーソルを置いて、「段落パネルメニュー」や「コントロールパネルメニュー」でもできます。

なお、この「連数字処理」がオンになっていると、「二、四〇三人」「四二・一九五キロメートル」などと入力したとき、前者の読点は位取りとみなし、後者の中黒は小数点とみなし、いずれも半角分に自動的に詰まります。
これを避けたい場合にも、連数字処理をオフにします。

原則は「連数字処理」をオンにしておいて、任意の部分だけをオフにしたい場合は、オフにしたい部分だけを選択して「コントロールパネル」の「段」の「▼」で「連数字処理」をオフにすればOKです。

案外知らない人もいるようなので、書いてみました。

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事