ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 学年別漢字配当表で、学習漢字に色をつける、ルビを振る

学年別漢字配当表で、学習漢字に色をつける、ルビを振る

 著者:山崎亮一

最近、実際にあった仕事上で、著者がワードで総ルビを振ってきたものがありました。
これは、逆に非常に読みづらいので、本の読者対象を考えて、小学校五年以上の学習漢字にだけルビを振るように変えたい、どうすればいいかという問題にでくわしました。

そういえば、学習参考書の仕事をしている編集者は、文科省の学年別漢字配当表をしっかり覚えないと仕事ができない、という話を聞いていたことを思いだしました。

そこで、最終的に InDesign 上で、
「ある学年以上の学習漢字に色をつける」
「ある学年以上の学習漢字にルビを振る」
ことを自動化できないか、と挑戦してみました。

結論から言うと、少し難航はしましたが、成功しました。

まず、「ある学年以上の学習漢字に色をつける」のは、ワード上でも、InDesign 上でも「正規表現を使う検索・置換」でできました。
しかし、もっと簡単なのは、色つけをしてくれるネット上のサイトがあったのです。
http://www.mori7.net/musi/ruby.php
ただし、このサイトで色つけしたものを、目視でなくデータとして InDesign に持ってくるには、少し工夫がいります。

次に、「ある学年以上の学習漢字にルビを振る」ためには、いくつかの方法が考えられます。
まず、市販のワープロの総ルビ機能を使うのが便利なのですが、ワードには残念ながらその機能がありません。
調べてみると、一太郎2012にはその機能がある、しかも学年別漢字配当表にも対応しているとのこと。6~7000円程度のものなので、思い切って購入しました。(20年以上前には一太郎とLotus 123を使っていたのですが……)

これで、一太郎で学年別学習漢字に望む学年以上の漢字にルビをつけ、ワード形式で保存し、InDesign に配置すればいいはず……と考えたのですが、いろいろ問題が出てきました。
まず、一太郎からワード形式保存したものを InDesign に配置すると
山崎亮一が「山やま山崎ざき崎亮りょう亮一いち一」(ひらがなはルビの位置に来ている)
となって、使い物になりません。
それならばと、ワードファイルからリッチテキスト形式保存してみましたが、同じこと。

そうか、奥の手のY方式をやってみよう。
一太郎から、「Open Office 形式」保存をし、それを Open Office で開き、リッチテキスト形式保存する。そのrtfファイルを InDesign に配置すると、やった! バッチリでした。

なお、冒頭に書いた、総ルビのワードファイルから、一旦ルビを全て削除してしまう必要がありました。
その手順は、ワードを一旦 InDesign に配置し、タグ付きテキストを書き出し、そのテキストファイルをエディタで開いて、正規表現置換でルビを削除しました。

これらの実演を、2月19日の InDesign 勉強会でやってみようと思っています。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事