ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > ■などの印の段落に段落スタイルを適用する

■などの印の段落に段落スタイルを適用する

 著者:山崎亮一

このシリーズで、基本的な操作を一度記述したものは、毎回繰り返して記述することはしませんので、このシリーズの前回までは一通り目を通した上で、今回の記事を読んでください。
————————————–
InDesign勉強会のAさんから相談を受けました。
「見出し用の段落スタイルを適用したい箇所の冒頭に■印を入れてある。その箇所がたくさんあるので、手作業でなく一括処理したい」というものでした。
Aさんは、そのためのスクリプト(古籏一浩氏作)を見つけてきて、その使い方を聞いてきたのです。それはそれで解決したのですが、これはスクリプトを使わ なくても、InDesignの検索・置換メニューで、段落スタイルや文字スタイルを指定できるので、簡単に実現しました。これは便利なので、その手順を書 いておきます。クエリに登録するなどして、活用してください。

冒頭に■印を入れてある段落に、「見出しA」という段落スタイルを適用するようにしましょう。

1.「編集」→「検索・置換」で「正規表現」(CS3では「Grep」タブを選択。
2.検索文字列に「^■」と入れます。(右側の@印のようなボタンをクリックし、「位置」→「段落の始まり」をクリックすると「^」が入力できます)
3.置換文字列には何も入力しないで、下方の「置換形式」の右の虫眼鏡のようなマークをクリック。そこで「段落スタイル」の右の▼印をクリックして「見出しA」を選択し「OK」。
4.「検索」→「置換」を数回くりかえし、大丈夫そうだと確認できたら「すべてを置換」するとよい。

どうです。うまくいきましたでしょうか。

なお、■印は目印にしているだけで、段落スタイルが適用できたら削除したい場合には、次のようにするとできます。
1.上記の方法に準じて、検索文字列に「^■(.+)」と入れ、置換文字列に「$1」、置換形式に上記と同様に「見出しA」の段落スタイルを選択しておきます。
これで「すべてを置換」するとOKです。
「^■(.+)」の意味は、段落冒頭の■と段落内のそれに続く文字すべてを記憶するということです。
「$1」の意味は、■以外の記憶した文字すべてを書き出すということです。

段落スタイルや文字スタイルを「検索」や「置換」の対象にできるのは、とても便利で応用範囲が広いので、ぜひ応用してみてください。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事