ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > ワードの太字、脚注番号、欧文斜体などをInDesignにとりこむ

ワードの太字、脚注番号、欧文斜体などをInDesignにとりこむ

 著者:山崎亮一

最近、実際にやった仕事で、脚注番号や欧文斜体(イタリック)などの入ったワード原稿をもとに、Indesignのゲラだしをしたところ、脚注番号が消え、欧文イタリック体も普通のregular書体になってしまっていました。

従来は、ワードのプリントアウトを見ながら、チェックをしていたのだけれど、それだと見落としミスが出る。ワードの脚注番号は非常に小さく、見落としやすい。また、欧文斜体とレギュラーが数多く混在している場合も、ミスがおこりやすい。

そこで、ワードのデータどおりにInDesignにとりこめないだろうか、と考えました。
従来の方法で、ワードからInDesignにコピー&ペーストすると、脚注番号は消えてしまい、欧文斜体はレギュラーになってしまいます。
ワードから「別名保存」でテキストファイル保存すると、脚注番号は全角でひろえますが、欧文斜体はもちろんレギュラーにしかなりません。

そこで、次なる手は、ワードのフォーマットを生かしてInDesignに配置する方法です。
「ファイル」→「配置」でワードデータを指定し、「読み込みオプションを表示」にチェックを付け、「グリッドフォーマットの適用」のチェックははずして「開く」をクリックします。
すると「読み込みオプション」メニューが出るので、「テキストと表のスタイルおよびフォーマットを保持」にチェックを入れたうえで「OK」を押します。そして「Shiftキー」を押しながら一挙に全ページを流し込みます。

脚注番号は、InDesign上でも「上付き文字」として問題なく変換されています。
次の問題は、欧文斜体の処理です。
ここから、InDesignの強力な「検索・置換」メニューの出番です。

「編集」→「検索と置換」に進み、僕の場合、書体を次のように一括置換してしまいます。
「Century」「[Italic]」を「リューミン」「L-KL」「歪み15°」に一括置換するのです。
その手順は、「検索と置換」のメニューで、上の「検索文字列」は空白にしておき、下の「検索形式」の右の虫眼鏡のようなマークをクリック、「基本文字形 式」を選び「フォント」で「Century」を選択、「スタイル」で「[Italic]」を選択します。[ ]マークはInDesign側にはなくてワー ド側にあるスタイルを意味するものと思われます。
次に上の「置換文字列」も空白のまま、下の「置換形式」の右の虫眼鏡マークをクリックして、「基本文字形式」を選び「フォント」で「リューミン」、「ス タイル」で「L-KL」を選択し、次に「詳細文字形式」のメニューで「歪み」を「15°」と指定します。これで置換の準備完了。
「すべてを置換」ボタンを押すと、ワードのCentury斜体はすべてInDesignのリューミンL-KL、歪み15°の斜体に変換され、ピンクの表示もきれいに消えます。

この後、僕はこの「検索と置換」メニューで、「MS明朝」を「リューミンL-KL」に、「Century」「Regular」も「リューミンL-KL」(歪みなし)に一括置換してしまいます。

あとは全体を選択して「本文段落スタイル」を適用し、それ以外の段落スタイルは個別に整えていくようにしています。

同様に、ワードの「太字」処理をした部分(「MS明朝」「[Bold]」)は、「リューミン」「B-KL」に一括置換してしまうことができます。

この方法のほうが、見落としミスがおこらないので、今後はこの方法にきりかえようと思っています。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事