ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > 「ワード入稿」を料理する――予告編

「ワード入稿」を料理する――予告編

 著者:山崎亮一

まず、4ヵ月もの間、更新できていなかったことを深くお詫びします。

最近、とみに増えたワード(&エクセル、パワーポイント)入稿にみなさん悩まされていませんか。これをInDesignなどに取り込んで、無事に出力するには相当の問題をクリアせねばなりません。
僕はそのための本をさがしましたが、ごくわずかしか出ておりません。
で、仕事の合間に書き留めたせせらぎ出版社内マニュアルを公開して、みなさんと一緒に対策を考えてみたいと思います。
今回は、その「予告編」として、まず大まかな「目次」を並べてみます。
さあ、この連載、どうなりますことやら。

——————————————–
●連載予定 もくじ

ワード・エクセル原稿をInDesignにとりこむ料理法
Ⅰ.ワードのフォーマットを活かす場合の注意点
1.ワードのルビは使えるか
2.ワードの傍点は使えるか
3.ワードの注番号は使えるか
4.ワードのフォンとサイズの限界
5.ワードの「スタイルと書式」は要注意

Ⅱ.ワードに貼り付けた画像
1.解像度を落とさずに取り込む
その1……
その2……
その3……
2.RGBカラーを、グレースケールにするには
3.ワードに貼り付けた画像を加工・編集したい

Ⅲ.ワードの中の表
1.エクセルに変換できる表
2.エクセルに変換できない表
イ)イラストレータにコピペすればテキストファイルを
抽出できるもの
ロ)イラストレータにコピペしてもテキストファイルを
抽出できないもの
ハ)単なる(スキャニング)画像

Ⅳ.ワードから作ったPDFファイルはInDesignで使えるか
1.RGBカラーをグレースケールに変換する。
その1……アクロバットで変換する
その2……イラストレータで変換する。
2.イラストレータで開いて加工する

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事