ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > InDesign CS3の正規表現置換はこんなに便利

InDesign CS3の正規表現置換はこんなに便利

 著者:山崎亮一

Adobe Creative Suite 3 は確か今年の6月頃発売されたと思いますが、僕はようやく2日前にupgrage版を買いました。
僕がInDesign CS3 に一番期待していた新機能が正規表現置換です。
今、いろいろ試しているところですが、やはり便利ですねぇ。

その一例として、次のことができることを確認しました。
(なお、以下の記述は、せせらぎ出版で月1回やっている「関西InDesign勉強会」のメーリングリストに書いたものの重複アップですが、ご容赦ください)

●本文中の( )内の文字の級数を下げることを一挙に行う。

本文の級数は14級であるドキュメントで、( )内はすべて13級にしたい。
準備……「級下げ」という文字スタイルを作り、「サイズ」を「13Q」としておく。

●手順
(1)
「編集」→「検索と置換」のメニューにいき、左から2番目の「GREP」タブをクリック。

(2)
「検索文字列」の窓に「()」と入力。
( )内の1字以上の文字を表現するために、「(」と「)」の間にカーソルを置き、窓の右の@印(検索のための特殊文字)ボタンをクリック。
「ワイルドカード」→「文字」とクリックすると「.」と入力される。
@ボタンをクリック→「繰り返し」→「1回以上」をクリックすると「+」と入力されます。
すなわち、検索文字列の窓には「(.+)」と入力された状態になる。

(3)
次に「置換文字列」の窓の右の@ボタンをクリックし「検索結果」→「見つかったテキスト」をクリックすると窓には「$0」と入力される。
次に「置換形式」の右の上のボタン(変更する属性を指定)をクリックすると「置換形式の設定」メニューが出るので、「スタイルの編集」→「文字スタイル」とクリックし、「級下げ」という文字スタイルを選択する。

(4)
これで準備はOKなのだが、これは今後もよく使う置換なので、クリエで登録してしまうと便利。
一番上の「クリエ」が「カスタム」になっているので、右のフロッピーマーク(クリエを保存)をクリックし、「( )内級下げ」など、わかりやすい名前をつける。

この状態を次のURLの画面で確認してください。
http://www2.atpages.jp/seseragi/indesign

これで準備はすべてOK。
「すべてを置換」ボタンをクリックすると、あっという間に全ページで置換が完了します。

次回に同じ事をしたい場合は、クリエで「( )内級下げ」を選んで、「すべてを置換」ボタンをクリックするだけ。

ああ、ラクチン。

お試しあれ。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事