ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > PDFファイルで校正を受け渡しする――最近の状況(アドビリーダー XI の登場)

PDFファイルで校正を受け渡しする――最近の状況(アドビリーダー XI の登場)

 著者:山崎亮一

PDFファイルに注釈機能を与えれば、アドビリーダで校正の書き込みができます。メール添付も簡単なので、紙のゲラを郵便や宅配便で送るより便利。とくに外国にいる著者との間では、すごく重宝しています。
そのやり方を、2010年5月9日にこのブログに「アクロバットを持っていなくても、PDFファイルのゲラに書き込んで(注釈機能)校正をメール送信できる」と題して書きました。
http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3-201005

そこで書いたのは、アクロバットでPDFファイルに「注釈機能を付加する」ことにより、無料のアドビリーダーでも「注釈機能」が使えるようになる、ということでした。

しかし、最近少し事情が変わったようです。
アドビリーダー XI には、最初からこの「注釈機能」が全面的に使えるようになったのです。(X では、一部の機能だけが使えるようになっていたようです)

これは、朗報でしょう。

しかし、執筆者と印刷所(出版社)がよく連絡を密にしないと、執筆者がこの機能を使って校正したのに、印刷所(出版社)がそれに気づかなかった、というようなトラブルが頻発しそうな心配も感じます。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事