ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > アクロバットを持っていなくても、PDFファイルのゲラに書き込んで(注釈機能)校正をメール送信できる

アクロバットを持っていなくても、PDFファイルのゲラに書き込んで(注釈機能)校正をメール送信できる

 著者:山崎亮一

5月6日に、出版ネッツのいちもくセミナーがあり、金谷さんが講師でWeb検索のあれこれを紹介してくれて、たいへん役に立ったと好評でした。
その時の質疑応答の中で、「アクロバットを持っていない人でもPDFに書き込めるようにするにはどうしたらいいの?」という質問がありました。
金谷さんの紹介内容は、「PDFを加工できるソフトがフリーでもありますよ」ということだったのですが、僕は別の視点から「アクロバットを持っていなくてもPDFファイルに書き込める方法」を書いてみます。

この方法は、知っている人には目新しくもなんともない話ですので、読み飛ばしてください。
知らなかった人にはきっと役に立つと思うので書きます。

まず、アクロバットを持っていない「ライター」「執筆者」は、出版社(印刷所・DTPオペレーター)に「ゲラのPDFファイルを『注釈可能』にして送っ てほしい」と要請します。出版社(印刷所・DTPオペレーター)は普通アクロバットを持っているので、「Adobe Readerで注釈を有効にする」ことができます。「注釈を有効に」されたPDFファイルは、Adobe Readerで書き込みができるので、校正を書き込んで、メールに添付して送信すればいいのです。

実例で見てみましょう。
次のPDFファイルは通常のもので、書き込みができません。
●通常のPDFファイル=http://seseragi.s369.xrea.com/public/kosei-pdf/tuujou.pdf

これを出版社(印刷所・DTPオペレーター)が書き込み可能にしたPDFファイルが、次行のものです。
●書き込み可能なPDFファイル=http://seseragi.s369.xrea.com/public/kosei-pdf/kosei-kanou.pdf
このPDFファイルを自分のパソコンに保存(ダウンロード)してください。

保存(ダウンロード)したファイルを開いて、校正の練習をしてみましょう。
まず「文書」メニューから「注釈」→「注釈ツールバーを表示」と進み、「テキスト注釈」をクリックすると「テキスト挿入」「テキスト削除」「テキスト置換」などの方法が説明されているので、メモしてください。これは「OK」で閉じて、校正にかかります。

一例として、下記の4点の修正を書き込んだ「校正済みのゲラ例」が次のものです。
●校正済みのゲラ例=http://seseragi.s369.xrea.com/public/kosei-pdf/kosei-sumi.pdf
○修正1……上段4行目、「乗客」の前に「タリバンのような」を挿入
○修正2……上段14行目、「道路」を「ロード」に置換
○修正3……下段3行目、「この国では」を削除
○修正4……下段5行目、「安全である。」と「コンティネンタル…」の間で改行

どうでしょうか。興味ある人は試してみてください。
そして、仕事に活用してみようと思う人は、出版社側とよく相談し、ルールを確認しながらやってください。

せせらぎ出版では、とくに国外の著者との校正のやりとりは、この方法でずいぶん重宝しました。

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事