ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > CD丸ごと転送ができる

CD丸ごと転送ができる

 著者:山崎亮一

長い間、ブログ更新をサボっていて、すみません。
心を入れ替えて、定期的に更新するようにしますので、見捨てないでください。

*******************************
このごろ、仕事の大半は、外注先や印刷所とのデーターの受け渡しを伴う。そのデータ量がどんどん増える傾向にある。
2~3MB程度までならメールに添付できるので問題はない。それを超えれば「宅ファイル便」などのファイル転送サービスを利用できる。最近では宅ファイル便のファイルサイズ上限が100MBとなったので、たいていのファイルはこれで送ることができるようになった。
しかし、1本だけのファイルならあまり問題ないが、多くのファイルをフォルダのツリー構造のまま送りたい場合は、ファイル圧縮などで一定の知識が必要になる。また、MacとWinのデータ圧縮のちがいなどの問題もクリアせねばならない。

そこで、どこかにサーバーを置いて、そこにフォルダごとファイルを転送し、それを相手にダウンロードしてもらう形をとれれば、社内LANに準じた便利な体制ができるはず、と考えた。

試行錯誤の末、昨日、それが実現した。
間にたてるサーバーは、無料のものもあるが、使ってみると大きなファイルのアップロードやダウンロードに時間がかかりすぎる。有料のサーバーなら転送スピードは問題なさそうということがわかったので、有料サーバーをいろいろ探してみた。
結果的に、「Yahooウェブホスティング、ライトコース」というものに決め、昨日申し込んだら、即刻開通した。費用は、初期費用3675円(税込)、月額980円(税込)である。

さっそく実験してみると、光ファイバー環境で毎秒800KB、ADSL環境で毎秒400KBくらいのスピードで、無料サーバーの10倍くらいだ。つまり10MBくらいのファイルだと約12秒、40MBで約50秒で送れてしまう。
現に、先日制作を外注した雑誌1冊分のInDesignデータをLinkフォルダ(画像ファイルが数十本入っている)も含めた全ての仕上がりデータを送ってもらったところ、約1分間ですんでしまた。
従来はこれをCDでもらっていたのだが、それが1分間で転送できてしまうのだ。外注先と直接会ったり宅配便をやりとりしなくても仕事ができる、ということだ。
これは便利になったものだ。

ちなみに、そのための転送ソフトは、Windowsでは「FFFTP」(フリーウェア)、Macでは「フェッチ」(シェアウェア)というものを使うと便利である。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事