ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > Win7をWin10にアップグレードしたら、インデザインが起動せず、真っ青。でも、解決!

Win7をWin10にアップグレードしたら、インデザインが起動せず、真っ青。でも、解決!

 著者:山崎亮一

最近、自宅のノートPCを新調した。OSはWin10。最初は戸惑ってイライラしたが、慣れてくるとなかなか快調。

そこで、会社の業務用PCも思い切って、Win7 から Win10 にアップグレードしてみた。快調に見えたが、すぐに恐れていたことが起こった。

業務の一番中心のインデザインとイラストレーター(CC2015)が起動しないのである。真っ青になって、頭を抱えてしまった。

(もちろん、事前に「復元ポイント」は記録保存しておいたので、Win7 に後戻りはできるのだが……)

アドビ・サポートに電話しても、参考になるヒントはくれたが「基本的にはマイクロソフトの問題。そちらに聞いてくれ」とのこと。マイクロソフトのサポート電話は繋がったためしがない。

別にPCサポートを有料で頼んでいる業者にヘルプを求めたが、すべてを試しても改善しないので「Win7 に戻すしかないでしょうね」と言われてしまった。

 

半ばあきらめたが、ダメもとでやれるだけやってみようと挑戦し、結果、さきほど見事解決した。!!!

やったことは次のとおり。

まず、インデザインを起動しようとして出るエラーメッセージは「エントリポイントが見つかりません。……MSVCP110.dllが見つかりません」

アドビサポートにこれを伝えると、「マイクロソフトのVisual C++再頒布可能パッケージをインストールしてみてください」とのヒントをもらった。

なるほど、インターネットで「MSVCP110.dll」を検索すると、たくさんの情報がある。

すぐにこれをダウンロードしてインストールした。しかし、やはり起動せず、同じエラーメッセージが出る。

契約しているサポート業者のアドバイスにしたがって、インデザインとイラストレーターをアンインストールし、再インストールしてみたが、やはり起動しない。この段階でこの業者は「Win7に戻すしかないでしょう」と言った。

 

そこで、インターネットの情報をいろいろ比較して読み、最も信頼できそうな情報に行きついた。そこには2つの大切そうな情報が書かれていた。

1.マイクロソフトのVisual C++再頒布可能パッケージには多くのバージョンがある。2008、2009、2010、2011、2012、……2015。

どうやら、インデザインCC2015に対応するバージョンは2012と思われる。

2.2012に対応する?「MSVCP120.dll」をダウンロードしようとすると、(x86)と(x64)の2つがある。64ビット用の(x64)だけをインストールする。

 

この2つを厳密に守って、インストールしてみると、見事インデザインもイラストレータも起動した。

思わず「バンザイ」を三唱した!!!

 

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事