ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > ワード入稿と、編集自動化

ワード入稿と、編集自動化

 著者:山崎亮一

長い間、ブログの更新ができておらず、申し訳ありません。
その間に、書きたいことが山のようにたまってきたので、どんどん書くようにします。

さて、最近のもっぱらの関心事は、最近とみに増えたワード原稿をどう正確に料理するか、です。

そのいくつかの試行錯誤を「Y方式」(山崎方式)と称して、出版ネッツのセミナーやInDesign勉強会などで話してきました。
それらを、自分なりに整理してみると、以下の4つの内容になるのではないかと思います。

◎編集自動化のための「4つのY方式(山崎方式)」とは?

●Y方式 Part 1(Win, Macで動作可)
ワード原稿をInDesignに読み込み、いくつもの読み込み不具合をInDesignのスク
リプト(山崎作)で一括して補正するシステム(複数の「クエリ」を一括実行)。
※2012年5月、「いちもくセミナー」で公開。
電子本をこちらでダウンロード販売(300円)。

●Y方式 Part 2(Win, Macで動作可)
ワード原稿をInDesignに読み込み、整形・原稿整理をInDesignのスクリプト(山
崎作)で一括して行うシステム(正規表現を含む複数一括置換)。
※2009年5月、出版ネッツフェスタ「ワンコインセミナー」で公開。

●Y方式 Part 3(Winで動作可)
ワード上で整形・原稿整理を、ワードのマクロ(松本奈央・山崎合作)を使って
一括して行うシステム(正規表現を含む複数一括置換)。
※2012年9月29日「出版技術講座」で初公開(2012年6月、InDesign勉強会で一
部公開)

●Y方式 Part 4(Macで動作可)
ワード原稿をテキストファイルに書き出し、J-editの置換メニューで(山崎作の
置換テーブルを使い)整形・原稿整理を一括して行うシステム(正規表現を含む
複数一括置換)。
※2009年5月、出版ネッツフェスタ「ワンコインセミナー」で公開。

————————–

なお、上記の Part 3 に絞って詳しく掘り下げるセミナーを以下のとおりおこないます。

2012年9月29日(土)
「出版技術講座」
出版労連・出版ネッツ共催

その詳細と申し込みはこちら。

また、出版ネッツの「いちもくセミナー」で次のような話をします。

10月 いちもくセミナー
2012年10月4日(木)午後7時30分~
「ワード入稿への対策 後編
―4つのY方式、すべてをお見せします―」

その詳細と申し込みは、近日中に告知ページができますので、できしだいリンクをはります。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事