ホーム >  出版コラム >  編集者・今日のおつきあい by メディアイランド > 第10回「靴を選ぶ」

第10回「靴を選ぶ」

 著者:千葉潮

靴を買いにいきました。
靴って商売道具の一つだと思うんです。
みなさんはどんな靴を履かれますか?
男性をうらやましいと思うのは、靴を選ぶ時。
頑丈で、底の低い、疲れにくそうな靴ですよね、紳士靴って。
20代の頃、大阪の女の子と言えば派手な靴、というイメージでした。
私も派手な靴が結構好きでしたね。
とくに好きだったのはレースアップ(編み上げ)でかかとが高いもの。平たく言えば女王様系です。で、色も赤とか、ピンクとか……。
しかし、最近は、ともかく疲れない靴を選ぶようになりました。
編集の仕事をしていると取材や取引先訪問などが結構あるので、長時間歩いても平気な靴が必需品です。また、外出先で脱ぐこともあるので、人様から見られても恥ずかしくないような外見も必要です。
外で働いている女性には共通する悩みだと思いますが、見た目が悪くなくて疲れにくい靴ってほんとに少ない。

ここ数年愛用しているのは、アシックスの歩人館というショップで売っているビジネスシューズ。デザインはシンプル(地味)ですがセンスはまあまあよく、長時間歩いてもまるで疲れないのです。
今回は、久しぶりに計測もしました。

私は身体はそこそこですが、「足」がすごーくちっちゃくて、細いんです。
高校生のときのあだ名は「纏足」だし、大人になってからは「間抜けの小足」だねとさんざんからかわれるし。
最近体重が増えたので、足が少し大きくなっているかな?と思ったのですが、相変わらず小さいまま。足幅も狭く、甲も薄い。
だけど今回の計測はちょっと感動的でした。3D計測で、土踏まずの高さなども計測出来るんです。また、親指の爪が上向きで生えているとか,今まで意識したことなかったし(だから、つま先が痛かったんだ……)、小さくて細い足なので足が靴の中で滑って底豆が出来ているとか(常に出来ているので、豆だと思わなかった。「ない」のが普通なのか~)
今回は、店員さんのすすめに応じて、オーダーの中敷もつくってもらいました。多少O脚なので、足の外側に力が入ってしまい、それも疲れの遠因になるそうです。そういうのも中敷で矯正出来るそうです。

へぇぇぇ。

10分ほどかけて調製してもらった靴を履くと、さすがにはき心地がとてもいいんです。

くだんのアシックスの靴ですが、百貨店で販売している似たような靴に比べて50%くらい高い。私にとっては非常に贅沢品ですが、これって確定申告のときに必要経費として落ちないんですかね?。

ちなみに、うちは纏足家族。足がちっちゃいのは、一家の遺伝で、22.5cm以上ある人は家族にいませんでした。母と私が22.0cm、妹が21.5cm、父も22.5cm!。父はほんとに靴探しに困っていました。昔はオーダーしていたということです。
(ほんとはイケイケのハイヒールとかも欲しいんですけど、そこは我慢我慢……。)

この記事の著者:千葉潮 »プロフィール

ウェブサイト:http://www.mediaisland.co.jp/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「編集者・今日のおつきあい by メディアイランド」のほかの記事