ホーム >  出版コラム >  編集者・今日のおつきあい by メディアイランド > 第20回「年末ご挨拶」

第20回「年末ご挨拶」

 著者:千葉潮

あと2日で2007年も終りますね。
今年も大変お世話になりました。
来る年もよろしくお願いいたします。
(このブログもごひいきに……。)
年末年始休暇に入りますので、ブログ更新は新年に入ってからになります。

さて、ようやく昨日から年賀状に手を付けています。
新年早々(1月15日~)仕事場を移転しますが、それにともない電話番号などが変わります。
急に移転が決まり、準備などが遅くなったので、年賀状も遅くなってしまいました……。

というのは言い訳で、実は毎年遅くなっちゃうんですよね。
尊敬する池波正太郎先生などは、年明けすぐに来年のものに取りかかり、3月くらいには1000枚の年賀はがきの印刷が出来上がっていたそうです。

すごい……。
とてもまねできない……。

私はと言えば、印刷されてきたはがきに宛名シールを貼付けます。
もうちょっと凝ればいいのだけど、今年も出来合いのデザイン。
今年は450枚用意しましたが、見通しが甘かった……
足りませんでした。
70枚ほど買い足しに出かけなければなりません。
今年から郵便局の前に販売カウンターが出ています。
大急ぎで購入したあと、その足で、カフェに行き、昼食のパスタセットを食べながら添え書きを書き込みます。

独立開業の前後にいくつかの起業セミナーを聴く機会がありました。
「年賀状を300枚出すかどうかが、独立の目安」と複数の方が言ってらっしゃいました。
そのうちの3%が顧客になってくれても10件程度は確保できる。
あとはそこから広げられると……。

それは私の実感でもあります。
私が独立したのは13年前です。
そのころはメールも一般的ではありませんでしたから、昨今の状況とは違うのでしょうが、やはり、はがきに一言書き添えるその時には少なくとも相手のことを考える、そのことがとても重要なファクターになると思います。

私はおしゃべりなせいなのか「ひとこと」が三言、四言になることも多く、なかなか書き進みません。書き込まないといけないはがきがあと50枚も残っています……。

出たついでに新大阪の駅に寄り、帰省の切符を買ってきました。
明日から寒波が来るというので、バスが当てにならないのです。
既に第一希望の列車の指定席は売り切れ。
珍しく売り場の女性と一言二言交わしました。
「明日は雪になりそうなので電車にしたんですよ」
「うーん。それなら新幹線も危ないかも?「やくも」(伯備線の特急)は雪に強いですけども」
「……バスはすぐに運休するんですよ」
「気をつけて……」

皆様もどうぞよいお年をお迎えください。

この記事の著者:千葉潮 »プロフィール

ウェブサイト:http://www.mediaisland.co.jp/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「編集者・今日のおつきあい by メディアイランド」のほかの記事