ホーム >  出版コラム >  その他の記事 > 【InDesign情報】変更履歴を残すことができるようになった!

【InDesign情報】変更履歴を残すことができるようになった!

 著者:山崎亮一

今日、何気なくInDesignのマニュアル本をパラパラめくっていたら、「テキストの変更履歴のトラック」という文字が目に飛び込んできた。なんやて、InDesignで変更履歴が残せるんか。

すぐに試してみた。

InDesign CCで、文中にカーソルを置き、「編集」→「ストーリーエディタで編集」(ショートカットはCtrl+Y)とすると、ストーリーエディタが開く。

次に、「ウインドウ」→「編集関連」→「変更をトラック」と進み、サブメニューから「現在のストーリー内の変更をトラック」(または「全ストーリーでトラックを有効にする」)を選択。

そして、テキストに修正を加えていくと、なんと、削除したところには赤い取り消し線が、文字を挿入すると赤いアミが、書き換えると取り消し線と書き換え文字に赤いアミがかかる。(画面キャプチャー1)
これはいいぞ。

それならば、例のせせらぎスクリプトで、大量の原稿整理一括置換をしてみよう。おお、大成功だ(画面キャプチャー2)
これは、明日からの仕事が大幅に能率アップだ!!

なお、InDesignのバージョンをチェックすると、CCとCS6では可能、CS3では不可ということが確認できた。CS4、CS5についてはこれから試してみます。判明すれば書き込みます。

※本日(2014.04.16)調べてみて、わかりました。CS4は不可、CS5は可でした。つまり、この機能は、CS5以後にできたということですね。
不勉強で、全然知らんかった。今までもったいなかったなぁ。

——————-

むむ、待てよ。
これはストーリーエディタでの表示だから、制作内部でのチェックには非常に有効だが、著者へのゲラ出しへの反映はできないなぁ。なんとかならんかなぁ。

これは、スクリプトを書いたら実現できるのではないかな。
誰かにスクリプトを書いてくれるように頼もうかな。

 

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「その他の記事」のほかの記事