ホーム >  出版コラム >  編集・執筆・校正 > 「日本語直します」講座・7

「日本語直します」講座・7

 著者:管理人

 某エアコン工事会社のウェブサイトにある文です。

【文例7】
 きちんとした工事をしていないか、機器・配管等が破損していないかぎり、封入されている冷媒ガスが機器外へ漏れることはありません。

《分析と修正のポイント》
 一見正しいようで、よく考えると間違っている、まるで錯視のような文章です。
 ガスが外部へ漏れる原因を説明しているわけですが、言いたいことは、
① きちんとした工事がなされていないと漏れる
② 機器が破損していると漏れる
の2点です。

 しかし問題点はいくつかあります。
 まず①の原文を取り出してみると、「きちんとした工事をしていない限り漏れることはない」と読めます。ん? いい加減な工事のほうがよいのかよ〜っと思いますよね。明らかに説明したい内容とは正反対です。

 まぎらわしい書き方になってしまった原因は2つ考えられます。
 ひとつは、「いないかぎり → ありません」という二重否定による混乱です。
 もうひとつは、「〜していない」という言い回しが①②の2つの表現でたまたま揃い、同じ意味合いのように感じられてしまったこと、でしょう。

 そしてこの文がわかりにくいもう一つの重要な理由は、「ガスの漏れ」といういちばん肝心なテーマを最後に持ってきているという点にあります。そのため、文章を半分以上読んでも何が言いたいのかわからないわけです。

 ということで、修正のポイントは、
1.テーマを最初に提示する
2.二重否定など、混乱を呼ぶ表現は避ける

《修正例》
 封入されている冷媒ガスは、きちんとした工事がされていて機器・配管等が正常であれば、機器外へ漏れることはありません。

 ところでひとつ注意が必要です。
 この修正例では、二重否定を避けるために元の文にある否定文「〜していない」を肯定文「〜する」という形に書き換えました。

 元の文の「〜していない〈か〉〜していない」は論理学でいう① or ②の形式です。
 で、① or ②を肯定から否定(またはその逆)に変えると、① and ②の形になるという、ド・モルガンの公式(註)がここでも当てはまります。
 つまりこの文でも、「〜していない〈か〉〜していない」を肯定文に変えると「〜する〈か〉〜する」ではなく、「〜して〈かつ〉〜する」となるということです。ここを間違えないようにしてください。
 あぁややこしい。

 さてこの文が掲載されているウェブサイトは、訂正もされず、今でもそのまま運用されています。
 まったく逆の内容を書いているのにクレームが来ないということは、誰もが、間違っている文章を「ついうっかり」正しく読んでいるからにほかなりません(^^)。校正者も立つ瀬がないですね。

註:ド・モルガンの公式
 (X and Y)の否定はノットX or ノットY
 (X or Y)の否定はノットX and ノットY

この記事の著者:管理人

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「編集・執筆・校正」のほかの記事