便利なあのボタンはどこへいった?(InDesign-CC2020)

更新日:

山崎です。

僕は長い間、CC2018を使ってきました。
(CC2019が出た直後に2019にしたのですが、パソコン全体が不調になったので、
2018に戻していました)

この勉強会のメンバーから、「2020にしても問題なく動いています」との情報を
聞き、恐る恐る2020にしてみたのです。
確かに、問題なく動くようです。

ところが、便利に使ってきたあのボタンが見当たりません。

CC2018までは、インデザインの一番上のアプリケーションバーに、上記のように
3つ並んでいた「表示オプション」「スクリーンモード」「ドキュメントレイア
ウト」のボタンが見当たらないのです。

これまで、「スクリーンモード」ボタンでは、「標準モード」と「プレビュー」
を一発で切り替える、複数のドキュメントを開いている時に「ドキュメントレイ
アウト」ボタンで望みどおりに並べて表示する、などの時に便利だったのです。

アドビの電話サポートを含めいろいろ調べて、やっと次のことがわかりました。
CC2020からは、「表示オプション」と「スクリーンモード」は、この図のよう
に、「ツールパネル」の一番下に移動されていました。

また、「ドキュメントレイアウト」は、「ウィンドウ」の中の「アレンジ」の中
に移動されていました。(この図参照)

なんだかなぁ。前の方が便利な気がするけどなぁ。
まぁ、慣れなしゃぁないか。

-DTP情報

Copyright© 出版ネッツ関西 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.