DTP情報

古いバージョンのInDesignの自分用の環境を、新バージョンでも使いたい

投稿日:

2013年10月のInDesign勉強会で、標題のような質問をうけました。
同様の問題は、自宅と事務所のパソコンでInDesignのカスタマイズを同じにしたい、など、常におこる問題だと思います。
その解説は、次のアドビのサイトに書かれています。

http://helpx.adobe.com/jp/indesign/kb/cpsid_84488.html#main_anc_b_1

ということで、それを見てもらえば解決するのですが、オセッカイ症の僕は、その要約を以下に書いてみます。

InDesignは、自分なりに便利にカスタマイズした次のような機能を保存できます。
○ワークスペース(「Workspaces」フォルダー)
○合成フォント(「CompositeFont」フォルダー)
○字形の情報(「Glyph Sets」フォルダー)
○検索と置換のクエリ(「Find-Change Queries」フォルダー)
○スクリプト(「Scripts」フォルダー)
など。

その保存場所が、InDesignのバージョンによって微妙に別の場所になるので、新しいバージョンの所定の場所(環境設定)にコピーする必要があるのです。
その場所とは、以下のとおりです。以下の「Version X.X-J」フォルダの下に前記のフォルダがあります。

InDesign CS3
Windows Vista : C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥InDesign¥Version 5.0-J
Windows XP : C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥InDesign¥Version 5.0-J
Macintosh : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe InDesign/Version 5.0-J

InDesign CS4/CS5.x/CS6/CC
Windows 8 / 7 / Vista : C:¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥InDesign¥Version <バージョン>-J¥ja_JP
Windows XP : C:¥Documents and Settings¥<ユーザー名>¥Application Data¥Adobe¥InDesign¥Version <バージョン>-J¥ja_JP
Macintosh : Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe InDesign/Version <バージョン>-J/ja_JP

上記の<バージョン>は次のように対応しています。
InDesignのバージョン      上記のフォルダ表記
InDesign CS4          Version 6.0-J
InDesign CS5          Version 7.0-J
InDesign CS5.5         Version 7.5-J
InDesign CS6          Version 8.0-J
InDesign CC           Version 9.0-J

これはぜひ知っておいていただきたい情報です。

-DTP情報

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.