PDFファイルで校正を受け渡しする――最近の状況(アドビリーダー XI の登場)

投稿日:

PDFファイルに注釈機能を与えれば、アドビリーダで校正の書き込みができます。メール添付も簡単なので、紙のゲラを郵便や宅配便で送るより便利。とくに外国にいる著者との間では、すごく重宝しています。
そのやり方を、2010年5月9日にこのブログに「アクロバットを持っていなくても、PDFファイルのゲラに書き込んで(注釈機能)校正をメール送信できる」と題して書きました。
http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3-201005

そこで書いたのは、アクロバットでPDFファイルに「注釈機能を付加する」ことにより、無料のアドビリーダーでも「注釈機能」が使えるようになる、ということでした。

しかし、最近少し事情が変わったようです。
アドビリーダー XI には、最初からこの「注釈機能」が全面的に使えるようになったのです。(X では、一部の機能だけが使えるようになっていたようです)

これは、朗報でしょう。

しかし、執筆者と印刷所(出版社)がよく連絡を密にしないと、執筆者がこの機能を使って校正したのに、印刷所(出版社)がそれに気づかなかった、というようなトラブルが頻発しそうな心配も感じます。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

-DTP情報

Copyright© 出版ネッツ関西 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.