ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > InDesignで、カギ括弧を小カギに変換する

InDesignで、カギ括弧を小カギに変換する

 著者:山崎亮一

カギ括弧(起し=「、受け=」)をInDesignでリューミンなどで組むと、幅一杯に表示・印刷されます(ここでは「大カギ」と表現)。これをもう少し幅の小さい、いわゆる「小カギ」にしたいことがあります。
調べてみると、普通のカギ括弧も小カギも、下記のようにShift Jisコードも、Unicodeも同じで、GID/CIDだけが違うことがわかりました。

起し-大カギ 起し-小カギ 受け-大カギ 受け-小カギ
Sift Jis 8175 8175 8176 8176
Unicode 300C 300C 300D 300D
GID/CID 686 12123 687 12124

図01参照
図04参照

GID/CIDというのは、今まであまり意識しなかったのですが、調べてみると、文字の識別用番号で、
GID は True Type フォント用、CID は Open Type フォント用の番号だそうです。
このことは、InDesignの字形パレットで、カギ括弧の異体字を表示させて、その異体字にカーソルを置くと、コードが表示されて確認できます。
図02参照
図03参照

ここまでが予備学習です。

次に、標準のカギ(大カギ)を小カギに一括置換する方法を考えてみました。
「検索と置換」のメニューをいろいろ触ってみて、今まで使ったことのなかった「字形」タブが使えることがわかりました。

図05参照
まず「字形の検索」の「フォント」は検索対象のフォントを選択します(僕の場合はリューミンL)。
次に「ID」の欄を「unicode」でなく「GID/CID」に変更し、その右に「686」と入力します。するとその下の「字形」欄に「大カギの起し」が表示されます。
「字形の置換」の「フォント」は上記のとおりとし、「ID」欄も上記と同様に「GID/CID」に変更し、その右には「12123」と入力します。すると「字形」欄に「小カギの起し」が表示されます。

これで「すべてを置換」を押すと、ドキュメントのすべての大カギ(起し)が小カギ(起し)に一括置換されます。
これは今後も何度も使うことを考えて、名前をつけて「クエリに保存」します。
その方法は、一番上の「クエリ」欄の右のフロッピーのマークをクリックし、クエリの名前欄に「カギ括弧(起し)-小さく」と入力します(任意の名前でいいのですが、後述する山崎作のスクリプトを利用する場合は、正確にこのクエリ名をコピー&ペーストしてください)。
以上で、カギ括弧の起しを小カギにするクエリができました。

次に、カギ括弧の受けを小カギにするクエリを作ります。
図06参照
すべて、前項に準じて行い、
「字形の検索」の「GID/CID」の右には「687」と入力
「字形の置換」の「GID/CID」の右には「12124」と入力します。
そして、「クエリに保存」するときの名前を「カギ括弧(受け)-小さく」とします。

以上で、必要な2つのクエリができました。

この2つのクエリを一度に実行することができれば、「起し」も「受け」も含めて、「大カギ」を「小カギ」に一挙に変換することができるわけです。

このために、ありがたいことに、市川せうぞーさん作のすばらしいスクリプトが公開されていました。
「run_Queries.jsx」という名前で、複数のクエリを連続して実行してくれるスクリプトです。

この市川せうぞーさんのスクリプトを、山崎亮一がありがたく改変させていただいたスクリプトが「カギ括弧を小カギに.jsx」です。これを次行のサイトからダウンロードし、任意の場所に保存してください。
「カギ括弧を小カギに.jsx」をここからダウンロード

そして、Windows版のInDesign CS6の人は次のフォルダ内にコピーしてください。
C:/Documents and Settings/(ユーザー)/Application Data/Adobe/InDesign/Version 8.0-J/ja_JP/Scripts/Scripts Panel

Windows版のInDesign CS5の人は次のフォルダ内にコピーしてください。
C:/Documents and Settings/(ユーザー)/Application Data/Adobe/InDesign/Version 7.0-J/ja_JP/Scripts/Scripts Panel

Windows版のInDesign CS4の人は次のフォルダ内にコピーしてください。
C:/Documents and Settings/(ユーザー)/Application Data/Adobe/InDesign/Version 6.0-J/ja_JP/Scripts/Scripts Panel

Windows版のInDesign CS3の人は次のフォルダ内にコピーしてください。
C:/Documents and Settings/(ユーザー)/Application Data/Adobe/InDesign/Version 5.0-J/ja_JP/Scripts/Scripts Panel

Mac版の人は、上記の(ユーザー)以下のフォルダ構造が同じはずです。

InDesign CS6ではこのまま使えますが、CS3~CS5で使うには、1箇所だけ修正する必要があります。
上記のコピーが終わったら、InDesignの「スクリプト」パネルを開き(スクリプトパネルが表示されていない場合は「ウインドウ」→「ユーティリ ティ」→「スクリプト」)、「ユーザー」タブをクリックすると、「カギ括弧を小カギに.jsx」が表示されます。これにカーソルを置き右クリック、「スク リプトを編集」をクリック。

21行目と22行目が
//ターゲットをInDesign CS6にする
#target “InDesign-8.0”
となっています。

CS5の人は
//ターゲットをInDesign CS5にする
#target “InDesign-7.0”
に変更

CS4の人は
//ターゲットをInDesign CS4にする
#target “InDesign-6.0”
に変更

CS3の人は
//ターゲットをInDesign CS3にする
#target “InDesign-5.0”
に変更する。

変更はこれだけ。
これを閉じて、「カギ括弧を小カギに.jsx」をダブルクリック。
「検索範囲」を聞いてくるので、「ドキュメント」「ストーリー」「選択範囲」のいずれかを指定し、「OK」、続いて「はい」をクリックすると、瞬時にカギ括弧が小カギに変換されます。

ぜひお試しください。

また、小カギについて、InDesignの勉強部屋の過去ログで詳しいページがありました。下記のサイトです。ご参考までに
http://dtp-bbs.com/mt/indesignbbs/archives/1157_20080521220713.html

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西支部)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
せせらぎ広場(ブログ)http://seseragi-s.jugem.jp/
出版ネッツDTPブログ http://netswest.org/modules/popnupblog/index.php?param=3
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事