冗談ソフトを使って原稿整理!?

投稿日:

僕は1992~3年頃、パソコン通信のNifty-serveのDTPフォーラムを毎日読んでいたことは、前に書きました。
ある日、面白いお遊びのソフトのことが紹介されていました。「冗談ソフト」とでもいうもので、「大阪弁変換ソフト」でした。普通のテキストファイルをそ のソフトで読み込むと、大阪弁のテキストファイルに変換される、というものです。例えば「私は今日、学校の帰りに図書館に寄りました」というテキストファ イルを読み込むと、「わては今日、ガッコの帰りしなに図書館に寄りましてん」と変換される、ただそれだけのものでした。
その発想が面白くて、僕はしばらくそれで遊んでおりました。そのうちに、その仕組みを考えていてハッとしました。これは、いわば「一括置換ソフト」で す。「私」は「わて」に、「ました」は「ましてん」に一括置換してしまうのですが、これは僕の仕事である編集に使えるのではないか? 例えば、原稿整理や 表記の統一で、「五五」は「五十五」に、「子供」「こども」は「子ども」に統一することができるのではないか……。

僕は即座に大真面目で仕事用の原稿整理の仕掛けを作り上げ、翌日から実際に仕事に使い始めました。
もちろん、これには欠陥もあります。「四五五本」が「四五十五本」になってしまうのを防ぐには「正規表現」の技法を使わねばならないことなどを後日に知ったのですが、多少の欠陥はあっても、従来の手作業に比べればずっとマシです。
僕は、本当に、しばらくの間はこの「大阪弁変換ソフト」で原稿整理・表記の統一の仕事を続けておりました。

これを原型として、いろいろ改良を加えて、今ではかなり実用的な原稿整理マクロを作り、せせらぎ出版業務用として使っております。
その出発はこんなことだったのです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
_/ 山崎 亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ)
_/ 〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
_/ Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
_/ http://www.seseragi-s.com
_/ ryo@seseragi-s.com
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-DTP情報

Copyright© 出版ネッツ関西 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.