InDesignの表をエクセルに変換する時に困る改行マーク

投稿日:

エクセルの表をInDesignに配置したり、逆にIndesignの表をエクセルに変換したりすることができます。
僕は、最近、InDesignの表をエクセルにしたいことがおきて、簡単だろうと思ってやってみたのですが、最初はうまくいかず、エクセルにするとレイアウトが元の表とあちこちずれていて、困ってしまいました。
手順は、InDesign上で表を選択し、「ファイル」→「書き出し」で、「ファイルの種類」を「テキストのみ」にすると、タブ付きテキストファイルができるので、それをエクセルで開くとエクセルの表になります。
ところが、よく見ると、元のInDesignの表のセル内で改行した部分が行全体の改行と混同されてレイアウトが崩れてしまっています。
そこで、InDesignの表の、セル内で改行マークが入っている箇所の改行マークをはずしてやればいいのではないかと考えました。それが1つや2つなら手動で削除してもいいのですが、大きな表でたくさんの箇所に改行をふくむセルがある場合には面倒です。

そこで「置換」メニューで1度に改行マークを削除してしまう方法があります。
表を選択し、「編集」→「置換」で「検索文字列」の窓の右に「検索のための特殊文字」を選ぶマークがあります(CS2の場合は右向き三角印)。それをクリックすると出てくる候補の中から「段落の終わり」を選びます(「強制改行」を選んではいけません)。
そして「置換文字列」の窓には何も入力しません。
これで「段落の終わり」をすべて削除する準備ができました。そして「すべてを置換」ボタンをクリックすると、セル内の改行が全てとれました。
その次に、「書き出し」メニューでテキストファイルに書き出し、それをエクセルで開くと、レイアウトはきれいに保持されました。

一度ためしてみてください。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

-DTP情報

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.