ホーム >  出版コラム >  DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版 > たった15年前……

たった15年前……

 著者:山崎亮一

今夜、毎月やっているInDesign勉強会を終え、結局終電間際まで飲んで、今、帰宅したところ。
我が阪神タイガースも中日に2勝無敗だったようで、ご機嫌。

ところで、勉強会のあと、飲みながら「せせらぎ出版では、15年前には暗室があり……」という話をしていたところ、「そんな話をブログに書いてよ」と、さる大姉御のリクエストあり。
では、書いてみるか、と酩酊のままパソコンに。

たった15年前の話。せせらぎ出版には、せまいフロアの3分の1を占める黒いビニール貼りの暗室がありました。なんのためか。その横には、5万円ほどで買った中古のモリサワ写植機があり、その印画紙現像のためです。

それだけでなく、暗室の中にはこれまた中古の製版カメラがあって、イラストを縮小して印画紙にしたり、写真を網かけして版下に貼るための印画紙を作ったり、ということをしていました。影文字などもこの製版カメラで作成していました。
そういうことは、近くに製版屋さんがいくらでもあるので、たのめばいいのですが、自分でやれることはやってみたかったのでしょう。

組版の大半は近所の写植屋さんにたのんでいましたが、下版の前夜など、写植屋さんが閉まって以後の時間に修正箇所がみつかり、明朝一番に印刷屋さんに完全版下を渡さねばならない、ということが頻発したために、中古写植機を買いました。
「一寸の幅、菜に虫いない……」(部首で文字をさがす文言)と呪文のような言葉をつぶやきながら、深夜に文字を血眼になって探す姿は、他人が見ると鬼気迫るものがあったやろなと思います。

今では、モリサワのフォントはオープンタイプ27書体セットで20万円くらいでしたっけ。これでも高いと思いながら買っているのですが、当時、写植の文字盤は1書体16万円とかしたと思います。
僕はモリサワの写植機しか持っていないのに、写研の「ナールL」と「ナールD」の書体を使いたくて、これらを28万円で買い、モリサワの写植機の文字盤 をドライバーと金槌で引っぺがして、写研の文字盤(ガラス板で、70cm×70cm位の大きさのもの)をはめこんでボンドで固定して使ったものです。

今から思うと、我ながらようやるわ、と思いますが……。
単に、好きやからそこまでやっただけなのか。
でも、僕は、やっぱり、組版を、とことん自分の納得いくまでやれる環境を作りたかったんや、と思っています。

だから、それ以後、DTPが出現し、パソコンで組版ができる、書体も豊富に選べる、ウィズウィグ(Wyswyg=What you see is what you get 要するに、出力の状態を画面で確認できること)がどんどん実現していったことは、僕にとっては涙が出るくらいうれしいことでした。
かつて、「本作りは、こうならないだろうか」と夢に思い描いたことが、今、当たり前のこととして、実現しつつあることに感慨深いものを感じるのは、僕一人でしょうか。


【写真】大川端の公園の桜もかなり散って、
川面をピンクにそめています。

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

この記事の著者:山崎亮一 »プロフィール

(有)せせらぎ出版社長。著名な著者や宣伝力で勝負する大出版社とはひと味ちがう、技術的には多少未熟でも無名の著者がコツコツ書いた、生きる勇気を与えてくれるなにかを本という形で世に出したいと考えています。

ウェブサイト:http://www.seseragi-s.com/

  • この記事の著作権は、著者が有します。
  • この記事の内容についての責任は著者にあります。出版ネッツ関西が記事の正確性やその及ぼす影響について保証するものではありません。

同じ著者の記事

カテゴリ「DTPお役立ち情報 by せせらぎ出版」のほかの記事