「ワード入稿」を料理する――予告編

投稿日:

まず、4ヵ月もの間、更新できていなかったことを深くお詫びします。

最近、とみに増えたワード(&エクセル、パワーポイント)入稿にみなさん悩まされていませんか。これをInDesignなどに取り込んで、無事に出力するには相当の問題をクリアせねばなりません。
僕はそのための本をさがしましたが、ごくわずかしか出ておりません。
で、仕事の合間に書き留めたせせらぎ出版社内マニュアルを公開して、みなさんと一緒に対策を考えてみたいと思います。
今回は、その「予告編」として、まず大まかな「目次」を並べてみます。
さあ、この連載、どうなりますことやら。

--------------------------------------------
●連載予定 もくじ

ワード・エクセル原稿をInDesignにとりこむ料理法
Ⅰ.ワードのフォーマットを活かす場合の注意点
1.ワードのルビは使えるか
2.ワードの傍点は使えるか
3.ワードの注番号は使えるか
4.ワードのフォンとサイズの限界
5.ワードの「スタイルと書式」は要注意

Ⅱ.ワードに貼り付けた画像
1.解像度を落とさずに取り込む
その1……
その2……
その3……
2.RGBカラーを、グレースケールにするには
3.ワードに貼り付けた画像を加工・編集したい

Ⅲ.ワードの中の表
1.エクセルに変換できる表
2.エクセルに変換できない表
イ)イラストレータにコピペすればテキストファイルを
抽出できるもの
ロ)イラストレータにコピペしてもテキストファイルを
抽出できないもの
ハ)単なる(スキャニング)画像

Ⅳ.ワードから作ったPDFファイルはInDesignで使えるか
1.RGBカラーをグレースケールに変換する。
その1……アクロバットで変換する
その2……イラストレータで変換する。
2.イラストレータで開いて加工する

============================================
山崎亮一(せせらぎ出版・出版ネッツ関西)
〒530-0043 大阪市北区天満2-1-19-21
Tel.06-6357-6916 Fax.06-6357-9279
メール ryo@seseragi-s.com
URL http://www.seseragi-s.com
============================================

-DTP情報

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.